口座買取の危険なポイント【実際の相談事例をご紹介】

口座買取の危険なポイント【実際の相談事例をご紹介】

「闇金から口座買取を提案されているけど安全なのかな」
「口座買取は犯罪って聞いたことあるから心配」

多くの賃金業者は、借金返済の代わりに銀行口座や携帯名義を渡すよう要求してくることがあります。
賃金業者から口座買取の話を提案されて、不安になっている方も多くいることでしょう。

みなさんも薄々気付いての通り、口座買取は立派な犯罪です。
相手業者はもちろん、口座を渡したあなたも犯罪者となります。

今回は、実際に当事務所に寄せられた口座買取に関する相談事例をパターンごとにご紹介します。

相手業者の手口や手法を知ることで、あなたの悩み解決につながればと思います。

脅されていても、まずは司法書士へ無料相談を!

「誰かに相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても安心してご相談ください。
私たちが、あなたを全力でお守りします!

電話で無料相談する
受付は9~21時 0120-590-006
メールで無料相談する
24時間365日いつでも受付中!

事例①「銀行口座が凍結されてしまった」

闇金を利用していたのですが返済ができなくなってしまい、担保として銀行口座を渡してしまいました

その結果、渡した口座が凍結されてしまい、銀行を使えません。

新規口座の開設も不可能となってしまい、とても困っています。

凍結を解除する方法はありませんでしょうか?

事例②「口座を渡せと脅されている」

闇金業者から数万円の借金をしました。

返済ができず、謝罪したところ
「口座を渡せ、早くしろ」
と恐ろしい口調で脅迫されました。

その後も取り立ての電話、ラインやメールが鳴り止みません

最近では勤務先に電話を掛けられて迷惑しています。

何か解決の道はないでしょうか?

【注】こちらの記事もおすすめです名義貸し詐欺って違法?被害にあったときの対処法は?

事例③「口座凍結のブラックリストに入ってしまった」

家族が以前闇金を利用していました。

もう返済は終わっているのですが、最近になって口座が凍結されていることが発覚しました。

詳しく調べると、警察庁が作成している「凍結口座名義人リスト」に登録されてしまったようで、闇金に渡した口座以外の口座も凍結されています。

すべての銀行口座が使用できないので日常生活に支障が出ており困っています。

どうにか銀行口座が使用できるようになるべく、解決をお願いしたいと思っております。

事例④「口座譲渡を断ったら会社に取り立てされた」

闇金5社から合計で10万円を借り入れしています。

新型コロナウィルスによる自粛期間の影響で収入が減り、返済が追いつきません

業者からは
「銀行口座を渡せ。渡さないと会社に連絡するぞ」
と脅されています。

口座買取に応じずに放置していたら、会社に迷惑行為をされ、解雇の危機になっています。

状況が悪化する前になんとか問題を解決したいです。

司法書士さんのお力で何とかしていただけないでしょうか?

事例⑤「新規の口座開設ができない」

以前賃金業者を利用した際に銀行口座の取引に応じてしまいました。

その後、口座が不正利用されたらしく、警視庁の口座凍結名義リストに入ってしまい、あらゆる銀行口座が利用できません

調べてみると、新規の口座開設も難しいようです。

銀行口座がないということでまともな仕事に就けられず、とても困っています

日本で生きることができないということで今回相談させていただきました。

いつになったら口座が解除されるのでしょうか?

司法書士さんのお力で口座を取り戻すことは出来るのでしょうか?

【注】こちらの記事もおすすめです口座買取に応じてはいけない理由【解決方法をご紹介】

まとめ

まとめ

借金をゼロに出来るため、一見便利に見える口座買取サービスですが、凍結・新規の口座開設不可など恐ろしい未来が待っています

一度凍結されると、数十年間は解除されません。

口座買取の提案をされても絶対に応じないようにしましょう。

口座買取トラブルを始めとした闇金問題でお困りの方は、解決実績が豊富なグリフィン法務事務所にぜひ一度ご相談ください。

グリフィン法務事務所では、常にお客様と親身に寄り添うことを心がけております。
「法務事務所に連絡するのはちょっと不安」
そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。

グリフィン法務事務所では電話・メールでの無料相談を受け付けております。
費用の後払い・分割払いにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。