LINE闇金の危険なポイントとは?【実際の相談事例をご紹介】

「LINE闇金と接触してしまったけど大丈夫かな?」
「SNSに闇金がいるって聞いたことがあるけどホント?」

近年のSNSの普及によりLINE闇金の被害ケースは増加傾向にあります
LINE闇金の被害を受けないためにも相手業者についてよく知っておく必要があります。

今回は、実際に当事務所に寄せられたLINE闇金に関する相談事例をパターンごとにご紹介します。

相手業者の手口や手法を知ることで、あなたの悩み解決につながればと思います。

脅されていても、まずは司法書士へ無料相談を!

「誰かに相談したらタダじゃすまないぞ!」
と脅されていても安心してご相談ください。
私たちが、あなたを全力でお守りします!

電話で無料相談する
受付は9~21時 0120-590-006
メールで無料相談する
24時間365日いつでも受付中!

事例①「LINEの相手はソフト闇金」

数ヶ月前からソフト闇金を利用しています。

LINE経由で連絡しているのですが、返済が追いつきません。

利息はこんなに高くていいのでしょうか?

周りに迷惑を掛ける前に解決したいです。


日本では賃金業法によって利息の上限は年利20%と決まっています。
これはつまり、1万円借りた時の10日後の利息は約55円です。
それよりも利息が高い業者はすべて違法業者の闇金ですので十分気をつけましょう。

事例②「LINE闇金の取り立てがツラい」

LINE経由で個人間融資を4社利用しています。

今まではなんとか返済できていたんですが、コロナウィルスの自粛危難による影響で返済が追いつきません。

取り立てのLINEが鳴り止まず本当に怖いです。

先日は体の関係で返済をしたのですが利息のせいで元金が一向に減りません

こういった場合は債務整理を検討したほうがいいのでしょうか?

任意整理や自己破産についてお話を伺いたいです。

リスクを背負って債務整理しなくてもLINE闇金の借金トラブルはもっと簡単に解決することができます

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【注】こちらの記事もおすすめですLINEに闇金がいるって本当?【実態や解決方法を徹底解説】

事例③「相手の連絡先はLINEだけ」

個人間融資の方とLINEで連絡しています。

このご時世ということもあり、返済が非常に困難です。

個人情報をネタに、脅迫まがいの電話も来るようになりました。

相手に関する情報はLINEの連絡先しか無いのですが、それでも解決できるのでしょうか?

事例④「LINE闇金に脅迫されている」

闇金かどうかはわからないのですがLINEを通じて個人間融資から借入れています。

最近しばらく返済できていないのですが脅迫されるようになりました。

「写真をネットに上げる」
「家族や職場に連絡する」

と脅されています。

すでに職場には電話されており、上司や係の方に迷惑をかけています

相手業者と関係を断つことは可能でしょうか?

事例⑤「弁護士や司法書士に相談するなと言われた」

給料ファクタリングをLINEと電子書類のみで連絡しています。

あまりにも利息が高いので契約書類を見直そうとしたら閲覧できなくなっていました。

相手が違法業者かと思うと怖いです。

LINEでは
「弁護士や司法書士に相談しても無駄」
「明日までに連絡がなかったら両親に連絡する」
と脅迫されています。

相手の業者は、自分たちは違法ではないと言っているのですが本当でしょうか?

脅迫している・書類が見れない時点で相手は間違いなく違法業者です。
すぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。

【注】こちらの記事もおすすめですSNSに個人間融資が急増中!【危険性や相談相手は?】

まとめ

まとめ

多くの人にとってLINEというツールは親しみがあるため、LINE闇金に対しても油断してしまう事があるかもしれません。

ですが相手は立派な違法業者です。
絶対に関わらないように心がけましょう。

LINE闇金を始めとした闇金問題でお困りの方は、解決実績が豊富なグリフィン法務事務所にぜひ一度ご相談ください。

グリフィン法務事務所では、常にお客様と親身に寄り添うことを心がけております。
「法務事務所に連絡するのはちょっと不安」
そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。

グリフィン法務事務所では電話・メールでの無料相談を受け付けております。
費用の後払い・分割払いにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。